Archive for 12月, 2014

長期投資の意思があればトレンドの変動にも動じない

長期投資は、一括で買うよりも毎月コツコツと投資元金を積み立てるという方法になります。長い時間をかければその分だけリスクを分散することができます。株価が高い時も安い時も買うので、長期投資は結果的には安定した運用ができるのです。積立のメリットとしてよく取り上げられるのが、ドルコスト平均法です。これは毎月積み立てをするということを前提とした際に、今月と翌月で株価は変動する可能性が高いので、2回に分けて買うことができれば、一口あたりの買い付けコストが平均の株価となるという発想です。 これは2ヶ月の例ですが、この期間が5年、10年…と続いていけば、その分だけ平均値が長くなり、長い年月をかけるほど取得単価が平均的に近付いていきます。これあが上昇トレンドであれば買う年数が長いほど買い付けコストは上がり、下降トレンドであれば買う年数が長いほど買い付けコストが下がります。 下降トレンドの場合、買い続けることは不安が高まるものですが、トレンドは変わります。これまでの歴史を見ても下降トレンドが永久に続いたということはほとんどありません。逆に上昇トレンドも然りですが、トレンドが変わる以上、ドルコスト平均法を継続できれば大きな損を被ることもないでしょう。

Read the article

変額年金の手数料なども視野に入れておく

変額年金は定額年金とは違い、運用に関する費用が発生してきます。このような費用を視野に入れておかないとそれが大きなマイナスにつながってしまうこともあります。 視野に入れておくことがとても大切であり、視野にいれておかないとそれは直接的なマイナスにつながってしまうこともあります。ただ、細かな費用というのは意識を向けていくことが難しくなりがちであり、意識を向けていくと意外と大きな金額になっているということもあります。 逆に言うと、このような費用に関して関心を持って、運用をしていくことができるようになると、費用についての意識しての運用が可能になるため、運用による出費を含めての利益を出していくことができるようにもなると言えます。 手数料や運用に関する費用については、しっかりと変額年金を利用していくときに知っておくべきです。このようなことに無関心であると、その後関心を持っていくことはなかなか難しくなってしまいがちです。 ただ、わかりやすいように情報として公開してあるとは言えない場合もあります。そのため自分からしっかり探していく覚悟、気持ちが必要になると言えるでしょう。そのような努力というのも必要になってくるものです。

Read the article